トップページ >オゾン水生成装置

オゾン水のさまざまな利用分野

オゾン水は、自然界にも存在するオゾンが水に溶けた物質であり、強い酸化力と殺菌力、分解して酸素に戻り残留しない性質、ノロウィルスを含め、除菌巣ベクトルが広い性質、脱臭効果があるなどの多くの優れた性質により、大きく5つの分野で利用されています。

食品分野

食材の洗浄、加工設備・器具の洗浄、手指の洗浄、充填容器洗浄、床・排水溝の洗浄など

ホテル・レストラン等の厨房

食材の洗浄、調理器具・容器の洗浄、手指の洗浄、床・排水溝の洗浄など

農業分野

溶液栽培設備の洗浄、病害防除、種子消毒など

医療分野

医療器具の洗浄、歯科・眼科治療への応用、手指の洗浄、介護施設への利用など

製薬・化成品製造分野

純水、精製水製造設備、製品製造ライン等の洗浄など


具体的な使用例を記載したパンフレットを用意していますこちらより御請求下さい。

オゾン水とは

オゾン水はオゾン(O3)が水に溶けた状態のもので、強い酸化力・殺菌力をもっています。
水中のオゾンは反応するとすぐ酸素(O2)に変わってしまいます。
したがってオゾン水は、反応後はただの水に戻るため、副生物を生成したり、残留物質が残ることもなく、安全性の高い物質です。

オゾン水の特徴

・細菌・酵母・カビ・ウィルスなど広範囲の殺菌が可能で、新型インフルエンザ対策にも有効であると期待されています。
・すぐに酸素に戻るので残留性が無く、副生成物も生じません。
・塩素系殺菌剤では耐性菌が出現するのに対し、オゾン水は細菌の細胞膜を破壊するため、耐性菌をつくりません。
・浸透性がないため、手荒れを起こしません。
・殺菌と脱臭、植物病害菌の殺菌と、植物の成長促進などの複合効果を持ちます。
・オゾンは食品添加物として認可されています。

オゾンの5つの作用

@殺菌
A脱臭
B脱色
C酸化・分解
D生物活性・鮮度保持

オゾン水の安全性

1 オゾンは食品添加物として認可されている
2 アメリカFDAの承認がある
3 発ガン性はない(IARCの発ガン物質のリストにオゾンは取り上げられていない)
*IARC: International Agency for Research on Cancer (国際癌(がん)研究機関)
4 水道水でオゾン高度処理水(大都市圏)の実績
5 オゾン水手洗い器は既に薬事法で承認された事例がある
(注)オゾンガスについては労働衛生上の許容濃度として0.1vol.ppm(8時間平均値)が設けられている

オゾン水Q&A

Q オゾン水は安全なのですか?

A はい、安全です

オゾン水はもともと危険な濃度にはなりません。
しかも肌に対しても浸透性がないため、人間や環境にも非常に優しい殺菌水と考えられています。

Q オゾン水は例え目に入っても大丈夫?

A はい、大丈夫です

ウサギを使って安全性試験では問題ありませんでしたし、眼の消毒に使われた事例もありますが、目的以外の用途には使用しないようにしてください。

Q オゾン水が肌にかかっても大丈夫?

A はい、大丈夫です

オゾン水は浸透性がないため、体内に侵入しません。
また、残留性もないため、肌に触れるとすぐに酸素に戻ります。
したがって、肌荒れ、手あれの心配もありません。

Q 細菌やウィルスに対して有効なものがなぜ、人間の肌に対して問題がないのですか?

A 人間の体の皮膚の細胞は、オゾン水では壊されません

ウィルスや細菌は非常に小さく、そのタンパク質の殻、細胞膜はオゾンで簡単に壊されますが、人間の細胞はとても大きく、人の身体は硬い皮膚で覆われていますので、オゾン水では到底破壊されません。したがって、安心してご利用いただけます。

直接電解型オゾン水生成装置の特徴

当社で扱っているオゾン水生成装置は直接電解法という、電気により水を電気分解することによりオゾン水を生成する方式です。
オゾンガスを使用しないので安全性が高く、水道水から瞬時に高濃度のオゾン水を生成することができます。


小型オゾン水生成装置

小型オゾン水生成装置E-25

高濃度オゾン水が生成できるので、医療分野はもちろん、レストラン等の厨房での 食材や調理器具の洗浄から手洗い、さらにはトイレの手洗いまで幅広い用途に利用できます。

■特徴

・最大オゾン水濃度5mg/L で、水量5L/min のオゾン水が生成できます。
・新型特殊セルを使用しているため、水温に関係なく、常に安定した濃度のオゾン水を瞬時(2 秒程度)に供給できます。
・オゾン水濃度計を搭載しており、使用時の濃度を確認できます。希望のオゾン水濃度が、ボリュームで調整可能です(0〜 5mg/L)水温計も搭載しており、使用時の水温を確認できます。
・スイッチに触れることなく、センサーに手をかざすだけでオゾン水の給水、停止ができます。


大型オゾン水生成装置

大型オゾン水生成装置E-100

高濃度オゾン水、定格オゾン水流量に加え、低濃度、大流量のオゾン水生成ができ、幅広い分野での用途に対応できます。

■特徴

・耐熱性芽胞を不活性に必要とされる高濃度オゾン水( 最大濃度:10mg/L)が、瞬時( 数秒程度) で生成できます。最大濃度でのオゾン水量は、10L/min および20L/min が生成可能です。
・オゾン水濃度を低く設定することで、最大60L/min. 〜 100L/min. のオゾン水が生成できます。
・紫外線吸収方式のオゾン水濃度計を標準搭載しており、装置前面の操作パネル上で任意濃度に設定可能で、濃度制御運転により常時一定濃度のオゾン水を連続供給できます。また、オゾン水濃度計は、運転開始時に自動でゼロ点・調整を実施するため、濃度信頼性の高いオゾン水濃度が、安定して供給されます。
・可動電極方式の新型電解セルを採用しているため、直接電解型オゾン水生成では困難とされていた長時間の連続運転が可能です。

他にも可搬式オゾン水生成装置もございます。

オゾン水生成装置の詳細につきましては、こちらより資料を御請求下さい。