トップページ >プロトン凍結機のご案内

企業様のコスト削減に プロトン凍結機

凍結の明日へ、次世代凍結技術
 鮮度そのまま、プロトン凍結の力

 

プロトン凍結機機種一覧
プロトン凍結機をお使いの企業様

 

プロトン凍結とは 

 

 

均等磁束、電磁波と冷風をハイブリッドした凍結技術です。

 

■プロトン凍結効果

 

品物が凍る時の「氷の粒」を出来るだけ大きくしない様にし、その品物をそのまま(凍結劣化をおさせる)の状態で凍結します。
したがって、品物の細胞破壊を防ぎ、ドリップを少なくします。

 

■プロトン凍結の原理

 

水が氷になる時の氷核生成に効果を与え、核を多数生成し大きな氷結晶の成長を妨げることを目的としています。
結果、食品細胞の破壊を防ぎ、ドリップ量を少なくします。

 

 

緩慢冷凍の場合、最大氷結晶生成温度帯(0℃〜-7℃くらい)を通過する時間が長いため、氷結晶が大きく成長しやすく、細胞の破壊が進んでしまいます。
プロトン凍結では、電磁波と磁束の働きを利用して一度にたくさんの氷の核を生成することにより、氷の結晶が大きく成長することを防止。
だから細胞を壊さず、解凍時のドリップを少なくできるのです。

 

氷結晶偏光写真比較

   

 

上記写真により、通常の急速冷凍よりもユースフル・フリーザーの方が氷結晶が小さく、均一であることがわかる。

 

写真提供:水素技術応用開発株式会社 代表取締役(元北海道大学 原子力環境材料学研究室 水野忠彦博士)

 

凍結実例

 

 

冷凍保存の可能性を広げ、凍結の明日へ

 

従来では凍結に不向きとされる食材の中でも、プロトン凍結では可能なモノも。
業態 凍結時 解凍時 ポイント 
魚屋さんでは   ・鮮度そのまま
・旬の味をキープ 
肉屋さんでは   ・鮮度そのまま
・夏、冬の需要調整 
洋食屋さんでは   ・空き時間に仕込みを
・人材配置の平均化 
お弁当屋さんでは   ・小ロット対応
・当日オーダーも可能に 
ケーキ屋さんでは   ・イベント対応も可能に
・2週間分まとめて製造 

*その他にも凍結・解凍実例多数ございます。

 

導入実例
甑島漁協様が作成された資料の抜粋です
見れば一目瞭然
きびなごは鰯の仲間で、本来傷みやすく鮮度が長持ちしない魚です。 遠く離れたみなさんのもとにお届けするには冷凍処理は避けられない魚種なのです。
ところが従来の冷凍機では、細胞内の水分が凍結する時にできる氷の結晶が細胞組織を破壊するため、 解凍時に融けた水分とともにアミノ酸や各種栄養成分がドリップとして流れ出てしまい、冷凍前の風味には戻せませんでした。

 

なんとかして、穫れたての新鮮さを損なわずにお届けしたい。
そんな私たちが選んだのが、菱豊フリーズシステムズ社製のユースフルフリーザーです。
この冷凍機で凍らせたきびなごを解凍すると、まるで冷凍前そのままの状態に戻すことができるのです。 その秘密はプロトン凍結という画期的な冷凍方法にありました。

 

解凍するだけで獲れたての新鮮さ
プロトン凍結したきびなごは解凍しても新鮮さを失いません。 また、生のきびなごも実際に食卓に届くまでは氷で冷やされていますが、その間にも鮮度はどんどん落ちていきます。
私たちのきびなごは獲れたてをすぐにプロトン凍結。だから解凍するだけで獲れたての新鮮さが再現できるのです。

 


 

 

プロトン凍結機機種一覧

 

ページトップへ